分団紹介【坂本分団】

坂本分団と坂本地区の概要

坂本分団

坂本分団は、総勢124名、ポンプ自動車4台、輸送車5台を有し、地域の火災消火、災害防止・復旧、地域行事での警備など地域に密着した活動を行っています。
坂本地区は、中津川市の南西部に位置し、西部に木曽川、南西部は恵那市に隣接し、南部の山裾一帯は中核工業団地及び、ゴルフ場で占められています。また、中央リニア新幹線岐阜県駅・車両センターの建設予定地でもあり、中津川市の中で人口増加率が高い地域でもあります。

坂本分団長挨拶

中津川市消防団坂本分団
分団長

林 和義

令和4年4月1日付で坂本分団長を拝命致しました林和義と申します。
日頃より消防団活動へのお力添えを賜り厚く御礼申し上げます。

我々消防団は、地域の方々に防災の大切さを伝え、地域の安心安全を守る為に存在する組織と考えており、火災や水害への対応や捜索活動といった任務遂行はもとより、地域のコミュニティーを構成する組織の一つとして、団員それぞれは坂本地区に住まう一市民として、人と人を繋ぐ存在でありたいと考えています。

坂本地区は中央リニア新幹線岐阜県駅・車両センターの建設予定地でもあり、数年後のリニア開業にともない街の姿が大きく変わっていくことと思われますが、地域のさらなる安心安全のため日頃の訓練を怠らず、皆様から「坂本の頼れる若い衆」と言っていただけるよう、団員一致団結して地域のために活動して参る所存です。

地域の皆様におかれましては、今までと変わらぬお力添えを賜りますようお願い申し上げます。

消防団の活動概要

消防団は、消防職員とは異なり他に仕事を持ちながら「自分たちのまちは自分たちで守る」という精神に基づき地域住民の生命、身体、財産を守るために活躍しています。
災害が発生した場合には、消防職員と一体となって迅速に消火や救助活動を行い、 まちと住民を守るのが消防団の大きな役割です。
また、消防団員は、住民一人ひとりの防災意識を高めるため、市の防災訓練において初期消火訓練、応急手当の指導等を行っています。さらに、各分団・部においては、自主防災組織と連携し消防訓練を行っています。

坂本分団の活動報告

中津川市消防協会・中津川警察署 合同秋季演習に参加しました

2022年10月30日(日)に四ツ目川遊砂工において中津川市消防協会・中津川警察署合同秋季演習が行われました。 坂本分団も分団長・本部長・本部部長3名の計5名で演習に参加しました。 演習の想定は、「前...

放水訓練を実施しました

6月の主に土曜日・日曜日、分団各部各班ごとに坂本地区各地の自然水利を用いて放水訓練を実施しました。 坂本分団は今年度もコロナウイルス感染症への対応として、苦渋の決断で分団操法大会の開催と協会操法大会へ...

年末特別夜警

今年も、本日を含め残すところあと7日となりましたが、坂本分団では本日12月25日より30日までの6日間『年末特別夜警』を実施、各部詰所より巡回を行い地域の警戒に当たっております。 今年はコロナ過の中で...

坂本分団の活動報告一覧