分団紹介【神坂分団】

現在、55名の団員が所属し、分団本部、1部、2部の組織で活動しております。
20歳代~40歳代と年齢差はありますが、少数ならではの団結力又は、結束力を持って、日々の諸活動に取り組んでおります。 その中でも過去には、操法全国大会出場を果たし、準優勝と言う成績を残しております。

神坂分団長挨拶

中津川市消防団神坂分団
分団長

牧野 智治

「地域住民に愛され、その地域の環境や社会に融合し、持続可能な活動で安全安心な地域社会に向けて貢献できる存在になること」。
私が求める消防団の姿です。

コロナによって活動が思うようにいかなかった一昨年。
私たち神坂分団は、現状の団員減少・団員の高齢化、それに伴う個人の負担増の問題について話し合いを続けてきました。
これからの神坂分団のあるべき姿とは何か。活性化する為にはどうすればよいのか。団員やその家族は今の消防団についてどう感じているのか。など、色々なことを話し合いました。

消防団は本業を別に持つ、特別職の地方公務員です。
現在の地域環境や社会の中で、何の為に存在し、何をすべきか、何ができるのか、何がいらないのかを一人ひとりが考え、共有し、協働する。
そうして生まれた活動が周りの人たちから感謝され、それが自分の幸せとなり原動力となる。
そんな消防団を目指して、神坂分団はこれから活動していきます。
そういった活動をこのホームページでお伝えできればいいなと思っています。

今後ともよろしくお願いいたします。

中津川市消防団 神坂分団 分団長 牧野智治

神坂分団の活動概要

神坂地区は、山に囲まれた大自然にあふれた地域で、神坂の正面には標高2191メートルの恵那山がそびえ立ち、富士見台から流れ落ちる湯舟沢川は、伊邪那美命(いざなみのみこと)が天照大神(あまてらすおおみかみ)を生んだときに産湯を使ったとされる滝壺(湯舟)が支流の温川の上流にあることから名前が付けられたそうです。
そんな環境下にある神坂分団は、中津川市消防団13分団ある中で1番の少数分団であります。

中津川市消防団 神坂分団は、岐阜県中津川市神坂地区を拠点とし、活動しています。

神坂分団の活動報告

中津川市消防協会 消防操法大会

6月19日 3年ぶりとなる、操法大会が開催されました。 参加分団は、8分団と少なかったですが、各分団とも練習の成果を遺憾なく発揮し接戦の大会でした。 神坂分団からも1チーム出場し、健闘しましたが5位で...

年末夜警

12月25日~30日年末夜警を実施しました。 本年はコロナの関係で時間を変更し19時~20時までと縮小して実施いたしました。 今年は活動自粛にて最低限の活動しかしていませんが、2021年度は少しでも活...

神坂分団の活動報告一覧