夏季演習を行いました。 (2017年8月29日 17:21)
 8月27日日曜日、中津川市では大規模断層型地震を想定した避難訓練が行われました。
坂下各地区では、消防団員による消火栓の使用説明や、救急救命講習など災害時を想定した避難訓練を行いました。
  午後からは例年通り、大規模断層型地震の二次災害を想定した消火訓練が坂下保育園で行われました。
 今回は、坂下保育園の先生が火災を発見し、119番通報、初期消火を行う訓練でした。
訓練には坂下保育園の先生7名が消火器を使用し、ファイヤーボランティアとして参加いただいた坂下高校の生徒さん5名と先生には消防団か補佐し、消火栓による消火訓練を行いました。
 8月も下旬となり、朝方は涼しかった陽気も正午には炎天下となり、厳しい訓練となりましたが、皆さん汗だくになりながらも熱心に取り組む姿が印象的でした。
 暑い中、ご協力いただいた坂下保育園の皆さん、ファイヤーボランティアの坂下高校の生徒さん、消防団員の皆さんお疲れ様でした。


坂下分団5連覇ならず。 (2017年6月19日 12:01)
 6月18日日曜日、馬籠ふれあい広場にて中津川市消防協会大会が開催されました。
坂下分団からはやさか大会を制した一部一班が坂下分団第一、選抜チームが坂下分団第二として出場しました。
 連日、梅雨入りしたとは思えない好天にめぐまれた今年、当日も絶好のコンディションの中、出場順位1番に登場した坂下分団第二は、四連覇した三部一班のメンバーを中心に訓練を通してベストの操法を展開し、坂下分団の意地を見せました。
 その後、周りの期待を背負い14番目に登場した坂下分団第一でしたが、序盤にトラブルがあり、残念な結果となってしまいました。
しかし、やさか大会を制した結果は事実であり、今後はさらなる飛躍が期待できると感じました。
  大会は昨年県大会を制した中津分団が全員番員賞を獲得する完全優勝を果たし、五連覇を狙った坂下分団は第二が5位と健闘しました。
大会後、反省会では林分団長から、結果はさて置き、競技時の応援や大会前の取り組みなど、団結は間違えなく13分団で1番であると話があったように、負けて得たものは非常に大きいと感じました。
消防団の皆さん本当にお疲れ様でした。
地域の皆さまご協力ありがとうございました。


 中津川市消防協会操法大会まで10日余りとなったこの日、坂下中学校グラウンドにて壮行会が行われました。
 梅雨入りし、前日まで雨が降りましたがこの日は好天に恵まれ、鎌田坂下総合事務所長様はじめ多くの来賓の皆様から激励の言葉をいただきました。

 その後、協会大会に参加する坂下分団第二(選抜チーム)と10数年ぶりにやさか大会を制した坂下分団第一(一部一班)が操法を披露し、順調な仕上がりをお見せしました。

 また、今年度還暦をお迎えになる昭和33・34年生まれの皆様を代表し、伊藤様より寄付金をいただきました。
 いただいた寄付金は、今後の消防活動のため大切に利用させたていただきます。ありがとうございました。

 出場を控えた両チームの選手をはじめ「チーム坂下」は全体的に疲労のピークを迎え、怪我をした番員もいますが、ここからが正念場となります。
 坂下分団5連覇に向け、皆様の応援をよろしくお願いいたします。


 5月が終わり、夜間も暖かい日が多くなってまいりました。
 協会大会まで残り18日となりました。

 やさか大会では、先日藍綬褒章を受章された鈴村副団長の出身班が十数年ぶりの優勝を果たしました。
 本日も坂下中学校グラウンドでは、坂下分団第1チーム(一部一班)と坂下分団第2チーム(選抜チーム)が連日訓練に励んでいます。
 やさか大会後、協会大会に向けた訓練開始から1週間が経過し、両チームの番員に少し疲れが見え始めましたが、ここからが正念場となります。

 坂下分団の5連覇に向けて頑張りましょう。


 坂下分団では、5月21日坂下中学校グラウンドにおいて第5回やさか消防操法大会を行いました。
今年度の中津川市協会大会は坂下分団が目下4連覇中の自動車ポンプ操法で競われますが、坂下分団からは小型動力ポンプチームが4隊と、自動車ポンプチーム4隊に川上、山口分団から各1隊がエントリーし、日頃の訓練の成果を競いました。
  
 自動車ポンプ操法の部では目下4大会連続で県大会に出場している三部一班チームが破れるという波乱がありましたが、古豪一部一班チームが十数年振りに優勝しました。
川上、山口分団も2位、3位に食い込む健闘を見せ、協会大会での激戦を予感させる結果となりました。
 小型動力ポンプの部では、4部一班チームの4連覇という結果になりましたが、こちらも接戦となり、早くも来年が楽しみな結果となりました。
 来たる6月18日の中津川市協会大会では、優勝した一部一班チームと選抜チームの2チームが参加し、坂下分団の協会大会5連覇を目指します。

あと一ヶ月、皆様の応援をよろしくお願いいたします。


 やさか大会まで残り5日となった本日は、やさか大会の審査員が集まり、大会を想定した審査練習を行いました。
 今年度は坂下分団が4連覇中の自動車ポンプによる大会となり、5連覇がかかる坂下分団としてはそろそろ力が入り始める時期です。
 少し肌寒い夜となりましたが、自動車ポンプ隊、小型動力ポンプ隊ともに熱心に訓練を行いました。
想定審査が行われた後は、指導員と番員が熱心に意見交換する姿が印象的でした。 
 やさか大会では例年通り、来る6月18日の協会大会に出場する2チーム(優勝隊、選抜隊)が決まります。
 どの隊も悔いとケガの無いよう頑張ります。


4月23日日曜日、坂下分団では春季演習を行いました。
例年は、操法大会の講習会の後、午後から行なっていましたが、今年は消防団合併10周年記念行事と重なることから、一週間前の開催となりました。
訓練では規律を主体とした中隊による縦隊、横隊の編成、消防車両等の機械器具点検を行った後、小隊による停止間、行進間を熱心に行いました。
 今年度は2名の新入団員を迎えますが、そのうちのひとり2部2班の西尾くんが辞令交付を受け、元気に宣誓書を朗読しました。
初めての規律訓練では、なれない動きに戸惑いながらも熱心に取り組みました。
いよいよ操法シーズンが始まりました。
皆さんのご協力をお願いします。


夏季演習を行いました。 (2016年8月29日 12:40)
 8月28日日曜日、午前9時から中津川市では断層型の大地震を想定した避難訓練が行われ、各自治会では消防団員による消火栓の使用説明や、危険箇所の確認などが行われました。
 午後からは恒例となりました、午前中の地震による二次災害で火災が発生したという火災想定訓練が坂下高校で行われました。
 今回は坂下高校の生徒さんが火災を発見し、消防署に通報、消火器による初期消火までを行うといった平日の昼間を想定した訓練となりました。
 訓練には先生と生徒さんが17名参加し、初めての消化器を恐る恐るながらも一生懸命に扱う姿が印象的でした。
消化器による初期消火の後は、坂下分署と坂下分団による放水が行われ、水利がない中で各班が15本以上のホースを使用し、蒸し暑い中、汗だくになりながらも消火訓練と遠距離の伝令訓練を熱心に行いました。
 最後は坂下分署、坂下分団、生徒さんによる一斉放水で訓練を終了しました。
暑い中、ご協力いただきました坂下高校の皆さん、消防団員の皆さん本当にお疲れ様でした。本日は、大変内容の濃い訓練となりました。


 平成28年6月19日、馬籠ふれあい広場にて中津川市消防協会大会が開催されました。
坂下分団からはやさか大会を勝ち抜いた4部1班が坂下第1、選抜チームが坂下第2として出場しました。
 まずは全体の12番目に出場した坂下第1は目標であった基準タイムの45秒で競技を終え、練習の成果を発揮しました。
最後に登場した坂下分団第2は、1ヶ月あまりと少ない練習時間で日に日に連携を深め、基準タイムこそ切れませんでしたが47秒のタイムに、坂下分団が得意とする規律を中心とした操法で見事!8位入賞を果たしました。
第1が11位、第2が8位ということで選手に笑顔はありませんでしたが、終了後の反省会ではほっとした表情が見られました。
 消防団員の皆さん本当にお疲れ様でした。
また、地域の皆様ご協力ありがとうございました。


 来る19日の協会大会出場を10日後に控え、坂下分団では坂下地区の皆様による激励を兼ねた壮行会が執り行われました。
 鎌田総合事務所長をはじめ、区長会の皆様、消防友の会、女性防火クラブの方々から激励をいただき、その後行われた操法では、坂下分団第2がベストタイムの46秒、第1が48秒といずれもやさか大会の記録を上回るタイムで順調な仕上がりをお見せすることができました。

皆さまありがとうございました。

 残った日数で連携を深め、規律を中心とした操法で基準タイムである45秒を切る活躍を見せてくれることでしょう。

 悔いの無いよう、ケガの無いよう頑張りましょう。