過去の記事
2020年11月 (1)
2020年9月 (1)
2020年8月 (1)
2020年7月 (6)
2020年6月 (2)
2020年4月 (2)
2020年3月 (1)
2020年2月 (1)
2020年1月 (1)
2019年12月 (3)
2019年11月 (2)
2019年9月 (1)
2019年8月 (3)
2019年7月 (10)
2019年6月 (5)
2019年5月 (1)
2019年4月 (3)
2019年3月 (2)
2019年2月 (2)
2019年1月 (2)
2018年12月 (4)
2018年11月 (3)
2018年10月 (2)
2018年9月 (1)
2018年8月 (9)
2018年7月 (25)
2018年6月 (7)
2018年5月 (2)
2018年4月 (5)
2018年3月 (1)
2018年1月 (1)
2017年12月 (5)
2017年11月 (3)
2017年8月 (8)
2017年7月 (26)
2017年6月 (14)
2017年5月 (4)
2017年4月 (3)
2017年1月 (4)
2016年12月 (6)
2016年11月 (3)
2016年10月 (1)
2016年9月 (2)
2016年8月 (7)
2016年7月 (6)
2016年6月 (6)
2016年5月 (6)
2016年4月 (6)
2016年3月 (4)
2016年2月 (1)
2016年1月 (5)
2015年12月 (4)
2015年11月 (5)
2015年10月 (1)
2015年9月 (2)
2015年8月 (7)
2015年7月 (34)
2015年6月 (7)
2015年5月 (5)
2015年4月 (4)
2015年3月 (4)
2015年1月 (4)
2014年12月 (6)
2014年11月 (2)
2014年9月 (1)
2014年8月 (4)
2014年7月 (5)
2014年6月 (3)
2014年4月 (5)
2014年3月 (5)
2014年2月 (1)
2014年1月 (4)
2013年12月 (3)
2013年11月 (4)
2013年10月 (2)
2013年9月 (2)
2013年8月 (2)
2013年7月 (2)
2013年6月 (3)
2013年5月 (3)
2013年4月 (2)
2013年3月 (1)
2013年2月 (2)
2013年1月 (3)
2012年12月 (3)
2012年11月 (4)
2012年9月 (2)
2012年8月 (11)
2012年7月 (29)
2012年6月 (7)
2012年5月 (8)
2012年4月 (7)
2012年3月 (2)
2012年2月 (1)
2012年1月 (6)
2011年12月 (6)
2011年11月 (11)
2011年10月 (4)
2011年9月 (4)
2011年8月 (6)
2011年7月 (9)
2011年6月 (9)
2011年5月 (3)
2011年4月 (10)
2011年3月 (5)
2011年2月 (5)
2011年1月 (11)
2010年12月 (11)
2010年11月 (5)
2010年10月 (3)
2010年9月 (3)
2010年8月 (8)
2010年7月 (17)
2010年6月 (14)
2010年5月 (3)
2010年4月 (8)
2010年2月 (3)
2010年1月 (3)
2009年12月 (7)
2009年11月 (5)
2009年10月 (3)
2009年9月 (6)
2009年8月 (7)
2009年7月 (3)
2009年6月 (11)
2009年5月 (6)
2009年4月 (7)
2009年3月 (8)
2009年2月 (2)


秋の火災予防運動実施中 (2020年11月 9日 16:59)
 『その火事を 防ぐあなたに 金メダル』
を統一標語に11月9日(月)~15日(日)まで
秋の火災予防運動を行っています。

期間中は19時に一分間のサイレンを吹鳴すると共に各地区分団では夜間の巡回を行います。
市民の皆様のご協力をお願いします。
20201109170507.jpg


住宅防火 いのちを守る 7つのポイント

  3つの習慣・4つの対策

 

3つの習慣

○ 寝たばこは、絶対やめる。

○ ストーブは、燃えやすいものから離れた位置で使用する。

○ ガスこんろなどのそばを離れるときは、必ず火を消す。

 

4つの対策

 逃げ遅れを防ぐために住宅用火災警報器を設置する。

 寝具や衣類及びカーテンからの火災を防ぐために、防炎品を使用する。

    火災を小さいうちに消すために、住宅用消火器等を設置する

 お年寄りや身体の不自由な人を守るために、

  隣近所の協力体をつくる。

 




令和2年度NHF始動! (2020年8月31日 17:42)
コロナ禍で休校の影響で延びていたNHF(Nakatsugawa HIighshcool Fire)ボランティアの活動が昨日から始まりました。
今年度は14名の高校生の団員が新たに加わり総勢23名での活動していきます。

20200831175222.jpg
消防団の水防訓練とドローン講習会に合わせて開始時に任命式を行い、小倉団長からキャップとベストを貸与されその後、座学として筆頭本部長による講義を受けた後、教養分団による基礎的な規律訓練を受けて頂きました。
20200831175314.jpg
20200831175351.jpg
その後はドローンの講習にて実際にドローンを操縦してもらいました。
20200831175558.jpg

非常に暑い日でしたが19名の団員が参加していただきました。
今年度は短い活動期間になってしまいますが有意義な活動をしていきたいと思います。


中津川駅周辺の散策用に利用していた、レンタサイクルまちなかアシスト自転車3台を
今後消防団活動で活用して頂きたいと、関係団体から寄贈されました。
20200720180336.jpg
有効に活用させて頂きます。
ありがとうございました。
20200720180450.jpg
20200720180515.jpg



6月30日、7月1日、2日、7日、8日、団本部総務分団による分団会計監査が実施されました。

20200714235712.JPG


令和2年度 団長挨拶 (2020年7月10日 17:45)

ようこそ中津川市消防団ホームページにお越し頂きありがとうございます。

20200710174914.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像

今年は人事の年、4月1日青山中津川市長より辞令を頂き、4期目の中津川市消防団長に再任命をされました小倉主税です。

今年2月より発生したコロナウイルスによる活動の停滞、挨拶が遅れたことをお詫び申し上げます。36年間の団長経験を生かして、市民の安全安心の為にさらに邁進したいと考えます。

まだまだコロナウイルスの影響にて活動が停滞していますが、火災・捜索・災害等は待っていてくれません。今出来ることを考え、コロナ対策をしっかりと行いそれぞれに対応して行きたいと考えます。

今期の特徴は、令和3年8月1(日曜日)に消防感謝祭第70回岐阜県消防操法大会(自動車ポンプの部)が中津川市で開催されることに625日決定しました。これは岐阜県の5ブロックを持ち回りして、東濃ブロックも各市を持ち回る為。前回の開催から25年ぶりになります。その対応として県大会担当分団を作り対応をしていきます。

今年の出初式でお話しした、その他火災を減らしたいと広報活動に力を入れていく予定でしたが、コロナ影響で3密を警戒して最小限で止めています。これからの取り組みを再検討したいと考えます。

消防団員の社会的地位についてまだまだ理解されないケースが見受けられます。消防団を中核とした地域防災力充実強化の法律も施行されている中、消防団員の手当も改善していく必要があります。各自が消防団員としての自覚と責任を持って、市民から理解され必要にされる消防団を目指したいと考えます。

幸いにもここしばらく中津川市では大きな災害は、発生していませんが。岐阜県で唯一の地震防災対策強化地域であり、いつ大きな災害が発生するか判りません。いざという時の為に普段から訓練を積み重ね、市民の安全安心の為の活動を進めていきたいと考えます。

消防団活動には、火災出動・捜索活動・風水害の出動・啓蒙活動・救急活動・広報活動等、すべては市民の安全安心の為の活動です。

■消火・風水害活動について

馬籠地区の大火も過去にありました。これからは各地区分団の相互応援の必要も増してきます。訓練等を通して13(地区分団)の絆をさらに深めていきたいと考えます。山林火災から民家に延焼する事案も発生しています。ドローン等の資機材を利用した幅広い視野を身に着けていくことが大事です。

大雨洪水については、木曾川の氾濫警戒等もありより団員の安全確保に取り組みたい。

■捜索活動について

近年多様化する捜索活動になり、中々捜索エリアがつかめないのが現状です。とにかく初動体制をしっかりと行い、警察・消防本部との連携を図って取り組んでいきます。

■県大会の中津川市会場開催について

625日の岐阜県県消防協会の会議にて正式に決定になりました。

今後は実行委員会を立ち上げ、県大会担当分団と消防本部を中心に取り組んでいきます。

勝ち負けより、中津川市の第70回岐阜県消防操法大会が団員それぞれに、記憶に残る大会いとして行きたいです。

■女性消防団について

今期より団本部に所属していた女性団員を各出身分団に移籍してもらいました。団本部には各分団との連絡係と、まとめとして4名残ってもらっています。分団所属となった女性消防団の活動を見て「私も入団したい」と増えて行く事が望ましいです。 

頑張って勧誘をしていきますし、男女問わず常に入団の受付をしています。

NHFボランティアについて

新型コロナウイルスの関係で、新規入団者のお願いが6月と遅れています。さらに活動自体も制限される中、これから工夫を凝らした取り組みを行います。

■消防団ホームページについて

関係方面に消防団に関する情報をきちんと発信していきます。

 

最後に

消防団は普段の社会活動だけでは経験のできないことも多くの経験が出来ます。しかし辛い訓練等もあります。

まだまだ消防団を取り巻く環境も厳しいものがありますが、安全・健康・コンプライアンスをしっかり守り活動していきたいと考えます。

「消防団をやっていて良かった」と思える活動にしたい。

 

これからも中津川市消防団を宜しくお願いします。



叙勲・藍綬褒章報告会 (2020年6月10日 08:46)
令和2年春の叙勲・褒章で元中津川市消防監(元消防長)の加藤正和様が瑞宝双光章を中津川市消防団筆頭副団長の桂川邦俊様が藍綬褒章を受章されました。

例年は宮中での伝達式に臨まれるのですが時節柄中止になってしまい、青山中津川市長への報告会が先日行われました。
20200610090531.JPG
叙勲・褒章については下記をご参照下さい。


ご寄付を頂きました (2020年6月 8日 11:59)
去る2月14日にご逝去されました中津川市消防協会顧問で元中津川市消防団長の故松田周一様のご遺族から「消防団に長年お世話になりました」と当団にご寄付の意向があり先日、青山中津川市長に目録が手渡されました。
松田様、ありがとうございます。 大切に使わせて頂きます。
20200610092058.JPG
      6月11日付け 中日新聞より
20200612084513.jpg



令和2年度 辞令交付式 (2020年4月 6日 17:52)
令和2年4月4日 中消防署前にて令和2年度辞令交付式が行われました。

20200406175735.JPG
今年度は人事の年であり中津川市消防団でも多くの入退団者がいました。
本来なら多くの辞令交付者が出席して辞令交付式を行う予定でしたが、現在の状況を鑑み最低限の団員の出席のもと、感染防止のため屋外にて密集しない状態で行いました。

20200406181324.JPG
本年度は基本団員75名入団に対し197名の退団となり、122名の大幅な団員減少となりました。
地域防災の要の消防団として消防力の低下にならぬよう、各地区分団は少数精鋭で活動してまいります。

岐阜県消防操法大会も中止になった現在、活動自体も必要最低限の活動となりますが、地域の皆様には今後とも消防団活動にご理解、ご協力をお願い申し上げます。






本日、岐阜県危機管理部消防課より第69回岐阜県消防操法大会の中止の連絡が届きました。

内容は以下の通りです。

県では、新型コロナウイルス感染症について、2月28日に第1次総合アクションプラン、3月16日に第2次総合アクションプランを策定し、岐阜県一丸となって取組を進めてきましたが、一方で、全国的に感染者は増加しており、県下の感染者数も3月29日現在で20人を超えるなど、引き続き警戒を緩めることができない状況にあります。
消防団についても、その活動において感染防止に配慮した行動が求められていますが、現在は消防団員とその家族が安心して訓練できる状況になく、消防操法をはじめ各種訓練の実施が困難となっており、地区大会の開催も懸念される現状においては、健全なる県大会の運営は困難と判断したものです。

なお、令和3年度については「第70回岐阜県消防操法大会」としてポンプ車部門により開催する予定です。


この状況を踏まえて、中津川市消防団も6月に開催される予定でした、中津川市消防協会「消防操法大会」は実施しないことになりました。


3月19日付けで中津川市新型コロナウイルス対策の方針が新たに決定しました。

その方針に従い中津川市消防団では予定されていました下記日程は延期とします。
(実施日については未定)

     記
・3月25日  消防団役員会
・3月30日  消防団来期役員会
・4月1日   辞令交付式

・消防操法訓練につきましては各地区分団は4月15日までは実施しない事。
 (16日以降については今後の状況を踏まえ、役員会で検討)

*毎月の器具庫、車両点検は有事に備え、感染防止を徹底して少人数で実施する。