2020年6月

分団長就任挨拶 (2020年6月26日 10:45)
2018-19年度に引き続き、
2020-21年度も分団長の牧野です。

2期目の就任にあたり、ひと言ご挨拶申し上げます。


地域の皆様のご協力と、市民の皆様のご理解により
念願であった第1部器具庫が完成したのが、1期目の最後でした。


1期目の課題を解決するべく始まった2期目は、
新型コロナウィルスの影響下で始まり、活動を大きく制限されております。

山口分団は総勢31名と市内で一番人数の少ない分団です。
そのハンデをいかに乗り越え、地域の皆様の生命財産をどう守っていくかを
考えない日はありません。


大人数の分団と違い、団員数の少ない当分団は、ひとりに掛かる負担も大きく、
プライベートや仕事の時間を削る時間も大きいのです。
それでも在籍している団員は、使命感と責任感が強いからだと思います。


火災を発生させないための地道な予防活動に注力することで、その職責を果たし、
地域の方々から信頼される消防団を再構築していく所存です。

甚だまとまりませんが、分団の現状をお示ししつつ、
就任のあいさつといたします。



中津川市消防団山口分団長 牧野由紀