2012年10月

馬籠宿で大火災 (2012年10月11日 12:21)

 10月10日未明馬籠宿にて、大正4年以来の大火災が発生しました。

 馬籠地区は水源に乏しく、また宿場内は建物が連なっており、消火活動が困難な中、地域住民の皆様をはじめ消防署や消防団員の活躍により、被害を最小限に食い止めれました。

 大火災であったため、近隣の神坂分団、落合分団、坂下分団の皆様の応援をいただき、本当にありがとうございました。

 また、地域住民に皆様には、初期消火や避難誘導、観光客対策、炊き出しなど、本当にお世話になりました。

 心よりお礼申し上げます。

 今回の大惨事により、防災体制の見直しや機能強化などの対策が必要であると痛感いたしました。

 今後地域で話し合う必要があると考えます。