2011年3月

新車両が配置されました (2011年3月 2日 15:15)

本日平成23年3月2日付けで第三部に新車両が配置されました。

消防本部での「受渡し式」に出席し、丸山団長から宮下分団長に配置指示が出されました。

長年大切に使ってきた山口村時代の日産サファリ消防ポンプ車との更新で、日野デュトロが新しく仲間入りをしました。

 

P1020707.jpg

 

 

P1020713.jpg

 

P1020714.jpg

 

P1020715.jpg型式 日野デュトロWキャブ 4WD

定員 6名

特徴 山林火災への対応として小型ポンプを積載。車両後部の部材を加工したことにより、車両後方での作業性が向上。

山口分団第三部は中山道の宿場町「馬籠宿」を管轄エリアに持つ部です。古くからの街並みを火災から守るとともに、地域の皆様の安心安全のために、日夜頑張っています。

最高の装備が加わり、団員のモチベーションも上がってきています。この装備を使うことの無い事(無火災)が一番良いのですが、万一に備えての訓練も今以上に進めてまいります。

 

サファリよ24年間ありがとう! デュトロ、これからよろしく!

※左のサファリとデュトロの入れ替えになりました。右側は小型動力ポンプ積載車。中央は分団本部指令車!?