・2017年06月21日 中津川市消防操法大会
・2016年09月03日 山口地区防災訓練
・2016年06月19日 中津川協会大会
・2016年05月25日 第4回 やさか大会開催
・2016年04月25日 山口分団入退団式
・2015年06月24日 中津川市操法大会
・2015年05月17日 やさか操法大会

ようこそ山口分団のHPへ

山口分団紹介写真.jpg

中津川市消防団山口分団は、平成17年2月13日に長野県木曽郡山口村が岐阜県中津川市に編入合併したことに伴い中津川市消防団となり、山口分団として旧山口村全域を所轄しています。
大きく山口地域と馬籠地域とに分かれていますが、馬籠地域には中山道43番目の宿場として知られる馬籠宿があり、明治の文豪「島崎藤村」の生誕地でもあるため、毎年多くの観光客が訪れます。
有事の際は、住民の生命と財産のみならず、文化的な遺産を守るとともに、全国各地から訪れる観光客の安全を確保できるよう、日夜消防人としての使命感を持って活動しています。

 

活動概要

 消防団は、消防職員とは異なり他に仕事を持ちながら「自分たちのまちは自分たちで守る」という精神に基づき地域住民の生命、身体、財産を守るために活躍しています。

 災害が発生した場合には、消防職員と一体となって迅速に消火や救助活動を行い、 まちと住民を守るのが消防団の大きな役割です。
 また、消防団員は、住民一人ひとりの防災意識を高めるため、市の防災訓練において初期消火訓練、応急手当の指導等を行っています。さらに、各分団・部においては、自主防災組織と連携し消防訓練を行っています。

 中津川市消防団 山口分団は、岐阜県中津川市山口地区を拠点とし、活動しています。

yamaguchi.jpg