2014年4月

付知分団長挨拶 (2014年4月 7日 22:35)


平成26年4月1日に付知分団長に就任しました桂川 利男です。

 我々付知分団は本部隊、ラッパ班と4部に各1自動車班に2可搬で構成された13班,総数167名で構成され活動しております。

 団員は本業を持ちながら,地域の中核的存在として「市民が一生安心して暮らせるまちづくり」のため,消防・防災に関する知識や技術を習得し,火災発生時における消火活動,地震や風水害といった大規模災害発生時における救助救出活動,警戒巡視,災害防ぎょ活動等に従事し,また,平常時においても,各種訓練の他,応急手当の普及指導,特別警戒,広報活動等を実施しています。

 近年,全国的に団員数の減少とともに,地域防災力の低下が懸念されている状況です。

このことから,団員の確保及び活性化は,これからの重要課題であり,様々な施策を積極的に推進しているところでありますが,最も重要なことは,やはり,市民の皆様一人ひとりが「自分達のまちは自分達で守る」という意識を持っていただくことです。「市民が一生安心して暮らせるまちづくり」は,市民の皆様のご協力なしでは達成できません。我々消防団も「郷土愛護の精神」のもと,団員一丸となって邁進する所存でありますので,今後ともご支援,ご協力を心からお願い申し上げます。