春季演習を行いました。

晴天に恵まれたこの日、午前中は馬籠ふれあい広場で操法とラッパの講習会が行われました。

午後には恒例となりました坂下分団春季演習が開催され、規律を主体とした中隊による縦隊・横隊編成、小隊による停止間と行進間訓練を行いました。

 また、今年度は9名の新入団員を迎え、代表で春季演習に参加した3名が元気よく宣誓書を読み上げました。

 その後の訓練ではなれない動きに四苦八苦しながらも訓練を行いました。

 朝からの訓練で、団員には疲れの色が多少ありましたが、熱心に訓練が行われ、坂下分団の得意とする規律を磨き、有事に備えます。

 連休が明けると5月20日には坂下・川上・山口分団合同による第6回やさか操法大会が開催され、来る6月17日の協会大会出場を目指し、操法訓練にも力が入ってきます。






2018年4月30日 20:29