春季演習と入退団式を行いました。

 晴天の中、坂下分団の春季演習と入退団式が小椋新団長をはじめ、多くの来賓をお迎えし、行われました。

 4月から新体制となり、最初の訓練となりましたが、林分団長の大きく通る声、原守夫副本部長の小気味良い号令で、訓練は大変スムーズに進行し、規律を中心とした訓練はとても充実したものとなりましたました。

 また、入退団式では新入団員の森団員(3-2)が宣誓書で意気込みを述べれば、退団者代表の加藤前本部長がこれまでの思いを述べました。

 次はいよいよ5月18日の坂川操法大会です。





2014年4月28日 13:20