2018年11月

11月4日(日)、坂下分団では恒例の秋季演習を行いました。
参加者の少ない中での訓練となりましたが、中隊訓練、小隊訓練(停止間、行進間)を熱心に行いました。
年に2回しか行わない訓練のため、動作に戸惑う場面もありましたが、おおよその動作はできていました。今後も春季及び秋季演習を通じ、訓練してまいります。

紅葉も始まり寒くなってまいりました。
ストーブなどの暖房器具を使う機会が増えますが、取り扱いには十分に注意をし、無火災で年末年始を迎えましょう。