2011年2月

坂下分団本部研修

 今年の坂下分団本部員研修で、2月12日に航空自衛隊浜松基地広報館へ行ってきました。坂下分団では、日頃の消防団活動の慰労と親睦を深める目的で毎年研修旅行を行っています。今回は、航空自衛隊広報館に展示された戦闘機への体験搭乗をしました。

 



 明治23年(1890)3月、坂下村消防組が組員20名で組織されて以来119年の歴史を数える我が坂下分団は、幾多もの災害や火災から、地域住民の生命・身体・財産を守り、常に安心・安全な街づくりのため諸訓練を重ね続けています。
 また、地域の伝統芸能や文化の保護、継承にも尽力しています。
「我がまち・我がふるさとは自分たちで守る」の精神こそ、「坂下」の印半纏(法被:はっぴ)に引き継がれる消防魂です。

 若人よ、来たれ「中津川市消防団坂下分団へ」

 花馬祭アルバム2010/10/09