2010年11月

教導三歩前へ進め! (2010年11月28日 19:28)

 坂下・川上分団秋季演習を行いました

 11月28日、坂下中学校グラウンドにおいて恒例の坂下分団、川上分団合同の規律訓練を行いました。規律訓練は、災害現場で、より確実、迅速に行動できるように備えるもので、厳正な規律を身につけ、消防団員としての体力・気力を錬成するために行うものです。

 この日は、小雨がちらつく中、坂下・川上分団合わせて150人の団員が参加し、小隊・中隊編成、機械器具点検、停止間、行進間の規律訓練を行いました。

 参加した団員達は、指揮者の号令により、小隊または中隊の全員が、同じ動きまたは、同じ目標に向かって節度ある行動がとれるように、真剣な面持ちで、訓練に励みました。

 教導三歩前へ進めアルバム2010/11/28



 11月3日早朝、坂下の上原地内で、平成22年度中津川市消防協会秋季演習が行われました。

 この日は、午前6時に(株)高峰楽器製作所付近の山林から出火したという想定で、高低差約50m、距離約1300mの火点まで、中外地内の外洞川を水利部署した坂下分団のポンプから火点に部署した消防署ポンプ車まで、市内各13分団の可搬ポンプで中継を行い、消火活動を行う訓練が行われました。

 訓練では、中外地内に水利部署した、坂下分団から火点部署した消防署ポンプ車まで、市内各13分団の可搬ポンプを中継し、送水を行うもので、送水を受けてから、連成計を確認し、送水圧を確認しながらの中継操作となるため、熟練した操作員のポンプ操作要領が必要となります。水利から火点まで約15分で送水が行はれました。

 この訓練には、消防署のポンプ車をはじめ、各13分団からの可搬ポンプ積載車ならびに、市消防協会本部をはじめ、消防署、消防団員、約260人が参加しました。坂下分団からは、分団長以下100人、機能別消防団員10人が参加しました。