2009年11月

 平成21年11月27日(金)、坂下分団が幹事を務め坂下駅前「辰巳」において中津川警察署東部地域交番と管内消防分団交流会を行いました。出席者は中津川警察署から太田坂下交番長をはじめ6名の皆さん、消防関係では消防本部坂下分署大地分署長、団本部の幹部の皆さんをはじめ、落合分団、神坂分団、山口分団、川上分団、坂下分団から各幹部の皆さん32名が出席されました。

 警察署と消防団が一層協力を図ることで、各地域の「安心・安全」を守ることが確認され、有意義な交流会となりました。



  坂下地区防火防犯協力会は、昭和24年の結成以来60年の長きに亘り、地域の安全・安心まちづくりに対する多大な貢献が認められ、平成21年10月、東京・明治記念館にて開催された平成21年全国地域安全運動中央大会において、防犯功労団体として全国防犯協会連合会長・警察庁長官連名表彰を受賞されました。

 平成21年11月24日(火)、きりら坂下において、坂下まちづくり協議会会長、坂下区長会長、中津川市消防団坂下分団長、坂下地区女性防火クラブ会長の皆様が発起人となり、大山市長、中津川市消防団丸山団長をはじめ、数多くのご来賓の皆様にご臨席を賜り盛大に「全国防犯協会連合会長・警察庁長官連名表彰受賞祝賀会」が開催されました。



 平成21年11月24日(火)、「きりら坂下」2階会議室において中津川市消防団丸山団長より、東野隊長へ機能別消防団の辞令交付が行われました。今後、坂下地区防火防犯協力会は「坂下地区防火防犯協力隊」と改名し、35名の隊員で機能別消防団として新たな一歩を踏み出すこととなりました。


 11月15日(日)、午前9時坂下中学校グラウンドに集合し、坂下分団、川上分団合同秋季演習を実施した。

 服装点検、機械器具点検を行った後、小隊訓練(停止間・行進間)を行い、短時間ではありましたが各団員とも真剣に取り組みました。

 丸山団長の訓示では、坂下・川上地域の「機能別消防団」の立ち上げに関する感謝と、尚一層の協力体制を図り他地域の範となる様「やさか地域」の活動に期待された。

 

  出動人員

   坂下分団  66名   防火防犯協力会  20名

   川上分団  21名

 

 



 11月3日(火)、中津川市苗木地内鉱物博物館敷地内において、市内12分団315名が参加し、平成21年度中津川市消防協会秋季消防演習が行われ、坂下分団からは森分団長以下20名が参加し、火災防御訓練(中継送水等)、伝達訓練を行った。万一の火災等に備え他分団との連携をとり、有意義な訓練を行うことができました。