分団長挨拶

今年度より坂本分団の新体制が始まり、
団員数129名でのスタートとなります。

各国でまん延している新型コロナウイルスの影響で、消防団活動が自粛、縮小されており、今年度の辞令交付式縮小、操法大会では、県、市、地区分団大会が中止となり思うように活動できない現状です。しかし今は感染予防を最優先に心がけ、流行が収まるまで我慢する時期であると考えています。

しかし、そんな中でも災害はいつ何時発生するか判りません。
日本では、この数十年で幾度かの大規模災害に見舞われています。幸いこの地域では大規模災害は、発生していませんが、いつ大規模災害に見舞われるかわかりません。そのため個人での防災対策意識を高める必要があると思います。
我々消防団は、地域の方々に防災の大切さを伝え、坂本の安心安全を守る為に存在する組織と考えており、火災・水害・捜索活動はもとより、地域のコミュニティ-として、人と人を繋ぐ組織でもありたいと思います。

今期も団員一致団結して消防団活動して参りますのでご家族の皆様、地域の皆様におかれましては、今までと変わらずのご支援とご協力をお願い致します。


                               坂本分団 分団長 高橋
 



2020年4月18日 18:16