分団長挨拶


平素は消防団活動に多大なるご理解・ご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。

本年度坂本分団は23名の新入団員を新たに迎え、総団員数136名で新しい体制がスタートしました。

昨年度は、火災・水害・不明者捜索で計16回、延べ400名余の団員が出動しました。近年増加している、いわゆる「ゲリラ豪雨」による河川の氾濫や土砂災害の恐れも高まっており、昨年は当地区に避難勧告が出されるなど、水防団としての役割も増加しております。

私たち消防団員は、各々仕事を持ち、日々の生活を送るなかで「自分たちのまちは自分たちで守る」という使命のもと、地域住民の生命と財産を守るために、日々の訓練や様々な消防団活動を行っておりますが、地域住民一人一人が防災意識を持ち、消防団と地域が一体となって、安心・安全な地域づくりに取り組んでいくことが大切だと考えます。

新体制のスタートにあたり、私たち消防団は地域防災のリーダーとして、地域の皆様に信頼される消防団を目指し、気持ちを新たに消防団活動に邁進してまいります。

地域の皆様には、今後とも変わらずご支援・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 

                          平成3041

                           中津川市消防団 坂本分団

                           分団長  阪本 長年

 



2018年4月 1日 22:55