2012年9月

 秋季訓練終了後、坂本出身で消防職員を退職された松葉和正氏に「絆と呼吸」という題で講話を行っていただきました。

  「初動体制の大切さ」、「信頼される消防団員になる為の心構え」など...。

  実体験に基づく講和で出席者全員とても興味深く聞くことができました。



秋季訓練 (2012年9月25日 12:13)

 9月23日(日)の早朝、坂本分団で秋季訓練を行いました。

 分団長以下90名、激しい雨の中での訓練になりましたが午前6時に「北部グランド端で出火した」という想定で距離約200m、2か所の水利から中継水槽を使いながらの消火訓練がおこなわれました。

  基本事項の確認等、今後の火災消火活動の参考となることが多い訓練となりました。

  訓練の様子



 坂本分団では9月8日、9日、16日の3日間団員を対象とした応急手当講習会を行いました。
坂本分団では昨年4名の方が普及員の資格を取得しましたので、その方たちに講師をして頂き三日間で約80名の団員が受講しました。

  写真


坂本分団OB叙勲受章 (2012年9月 4日 06:41)
 元坂本分団分団長の河尻信利さんが瑞宝単光章(消防功労)を受賞され、9月1日に受章記念式があり坂本分団からは分団長が参加されました。
これは河尻さんが36年に渡り消防団活動を行ったことが評価されて受章したものです。

 河尻さんおめでとうございました。