2010年5月

5/22(土)夜、落合高福寺において、消防団員でもある大西住職より、協会大会への必勝安全祈願および本人の阪神大震災の貴重な体験と道徳の大切さを学び、最後に坐禅による精神鍛錬を行いました。

操法においても心・技・体がバランスよく保たれないとよい結果は出ません。

落合分団は全員一丸となって、協会大会優勝を目指します!



5/23(日) 雨天の中、分団操法大会を開催いたしました。

小型ポンプ操法に8チームが出場し、訓練の成果を発揮し、競いました。

 優勝 第3部Aチーム、準優勝 第3部Bチームがそれぞれ6/20に開催される協会大会に出場することとなりました。



4月18日(土) 落合コミュニティセンターにて新入団員を含む団員30名を対象に、

消防署より講師を招いて約2時間にわたり救急救命訓練を実施しました。

団員は心肺蘇生法(AED実技含む)および身の回りの物を使った搬送方法を訓練し、

緊急時には冷静かつ的確に対処できるようにしました。



分団長あいさつ (2010年5月 1日 06:39)

 平素は消防団活動にご理解ご協力を賜りありがとうございます。

我が分団も4月1日より新体制となり、12名の新しい団員を迎え、団員数100名でのスタートです!

自分さえ良ければよいと思う若者が多い中、我々消防団員は貴重な存在だと自負しております。また、この活動を支えていただく家族をはじめ、地域のみなさん、会社でのご理解があっての消防団活動であることを念頭に、

"自分たちの町は自分たちで守ろう"

この精神で頑張ります。今後ともご理解ご協力をお願い申し上げます。

                                   平成22年5月1日

                                   中津川市消防団落合分団長 金森 久長