中津分団分団長あいさつ (2018年4月15日 16:50)

中津川市消防団中津分団

分団長 沼田 賢児

 

今年度4月1日より中津分団分団長を拝命致しました沼田賢児です。

日頃は消防団活動に際し多大なるご理解とご協力を賜り厚く御礼申し上げます。

私たち消防団員は各自仕事を持ちながら「市民の皆さんの生命と財産を守り」「自分たちのまちは自分たちで守る」というボランティア精神を持って消防団活動を行っています。

 

近年全国各地で様々な災害が発生し、私たちが住む中津川市も例外ではなく、東海地震や集中豪雨などの自然災害がいつ発生してもおかしくない状況です。そんなとき、消防団員と地域住民の皆さんとが協力しあって活動する事になると思いますが、私たちは、市民の皆さんから信頼され、消防団員が近くにいると安心やよと言われるような消防団員を目指して日々消防訓練を行うなど努力をしています。

 

中津分団は、現在基本団員122名と、中京学院大学支援サポート隊として設立された機能別消防団、中京学院大学の女子学生の女性消防団、そして今年度新たに発足しました、川上地区での火災など有事の際に消防団と共に活動していただく川上地区機能別消防団で組織されています。中京学院大学機能別消防団と女性消防団とは、春・秋の火災予防週間に火災予防啓発活動として消防団員と一緒に広報活動を行ったり、救急救命講習や各種訓練を一緒に行うなど親睦を図りながら活動しています。川上地区機能別消防団には団員数が少ない川上地区で有事の消防団サポートに期待をしています。

 

全国的にも中津川市でも消防団員は減少しています。新入団員を随時募集中ですので、我こそはと思う方、ぜひとも仲間になっていただき、愛する中津川のために一緒に活動していきましょう。またお近くに消防団に興味のある方がいらっしゃいましたらぜひお知らせください。

地域の皆さんから信頼される消防団を目指し、今後も中津分団一丸となって消防団活動に邁進してまいりますので、変わらずのご支援とご協力を頂きますよう、よろしくお願い申し上げまして、中津分団長の挨拶とさせていただきます。



中津川市消防団中津分団

第1部筆頭部長 内木 里志

 

平成30年度より中津分団第1部の筆頭部長を務めさせていただきます内木里志と申します。

精一杯頑張りますのでよろしくお願いいたします。

中津分団第1部は、東7区、西7区、第8区、第9区、第10区、第11区、第12区、新町区、中央区の中心市街地を管轄地区として活動しています。

地域の皆様には日頃より消防団活動に対し、多大なるご理解、ご協力賜わり心より御礼申し上げます。

今期の第1部は26名での活動開始となります。日頃より団員確保のために勧誘活動をしておりますが年々管轄地域の消防団員が減少する傾向にあります。団員確保に向け区長さんはじめ地域の皆様と一体となって進めてまいりたいと思っておりますので、ご協力をお願いいたします。

私は、消防団活動は家族を愛し、仲間を愛し、地域を愛する気持ち、その先にあるものだと思っています。「愛する物を守る」そのために日々の訓練を欠かすことなく、団員の結束力を高め、有事の際には迅速・的確に行動が出来る組織を目指してまいります。

 最後になりますが、我々中津分団第1部には、先輩方から引き継いできた「現場の1部」という言葉があります。何のために訓練をするのか、消防団活動の意味を今一度考え、消防団員として誇りを持って活動してまいります。皆様のご支援、ご協力をよろしくお願いいたします。



中津川市消防団中津分団

第2部筆頭部長 山本 峰之

 

平成30年度より1期2年間、第2部筆頭部長を務めさせていただきます山本峰之と申します。

第2部は、第14区、第16区、第17区、第18区、東18区、子野区、銭亀区、第24区、松田区、丸山団地区といった駅前通りの東側ほぼ全域を管轄地域として活動しております。

日頃より地域の皆様には消防活動に対し多大なるご理解とご協力をいただき心よりお礼を申し上げます。

広範囲を受け持つ第2部ですが、現在定員31名に対して25名の人員であり有事の際の消防団員不足は大変重要な問題であると思っております。

消防団員の確保に全力で努力して参りますが、併せて地域の皆様方のご理解ご協力をお願いいたします。

  本年度の第2部はより団員同士の結束を深め、いつ起こるかわからない火災や地震、風水害、行方不明者捜索に備えて消防操法訓練等の訓練に日頃より尽力し、少しでも地域に役立つような活動を行い地域の皆様に信頼される組織作りを目指していき、団員拡充をこれまで以上に力をいれてまいりますので今後ともご支援ご協力のほどよろしくお願いいたします。


中津川市消防団中津分団

第3部筆頭部長 丸山 洋尚

 

この度、中津分団第3部筆頭部長への就任を仰せつかりました丸山洋尚と申します。

まことに微力でございますが、先輩各位ならびに消防団員の皆様のご助言、ご協力をあおぎつつ、職務に邁進してゆく決意でございます。どうぞよろしくお願い申し上げます。

日頃、地域の皆様方には、消防団活動に対し、多大なるご理解とご支援をいただき、深く感謝申し上げます。

私たち中津分団第3部は、中津川より西の広範囲な区域(17行政区 約3,679世帯)を管轄地域として担当しております。

本来の仕事を持ちつつ行う消防団活動は、本人は当然、家族や職場の人にも負荷と多大なるご迷惑をかけてのことですが、しかしそれは大切な家族、大切な財産を守るべき術を身に付ける貴重な時間だと思っています。

一人の力では守れるモノは小さいですが、団体、組織だからこそできる団結力が地域住民の安心・安全を守ることに繋がると思っています。

本年新たに、4名の新入団員の加入があり、現在は総勢29名で活動をしております。経験年数が少ない団員が多く至らないところもあるかと思いますが、「市民の生命と財産を守る」ため、有事の際には「迅速的確な消防団活動」が行えるよう日々努力し、使命感を持って活動してまいります。

 皆様方のあたたかいご理解ご支援を心からお願い申し上げ、就任の挨拶といたします。


中津川市消防団中津分団

第4部筆頭部長 斉藤 雅和

 

 この度、第4部筆頭部長を務めることとなりました、斉藤雅和と申します。どうぞよろしくお願いいたします。

第4部は、第19区、実戸区、一色区、昭和区、中村区、尾鳩区、第21区、ビレッジハウス中津川2区の中津川市街地より南側の地域を管轄地域として活動しています。

区民の皆様には、日頃から消防団活動に対して多大なるご理解とご協力に厚く御礼申し上げます。

私たち第4部は、「地域市民の生命と財産を守る」ため、日々努力し、使命感をもって活動しています。

団員は、それぞれが本業を持ちつつ、少しでも消防団活動に参加できる環境を作り、個々の士気を高め、皆が協力しあう組織づくりを目指して行きたいと考えています。

本年度は、1名の新入団員が加わり、総勢28名で活動していきます。今後も地域の消防団活動を活性化していくためにも、新しい団員の力が必要ですので引き続き団員の確保に努めてまいります。各地区の皆様方におかれましても、区域内の人材確保にご協力お願いします。

 最後になりますが、地域から愛され、信頼される組織づくりをしたいと考えております。今後ともご支援、ご協力のほどよろしくお願いいたします。