苗木分団 組織図 (2010年4月24日 22:03)

苗木分団組織図.pdf

平成22年4月1日現在



苗木分団 組織図 (2009年4月13日 11:05)

平成21年4月1日現在 <画像クリックでPDFファイルをダウンロードできます>



苗木分団 本部の紹介 (2009年4月13日 10:55)

分団長1名、本部長(兼副分団長)1名、副分団長3名、部長6名の計11
名で構成。

詰所:苗木中央コミュニティ消防センター



苗木分団 第1部の紹介 (2009年4月13日 10:52)

部長3名、班長7名、団員29名の計39名
(本町・背戸川班、室屋班、大牧班、新谷班で構成)

詰所:苗木中央コミュニティ消防センター

車両:ポンプ車1台、輸送車1台

紹介、特徴
若いメンバーが中心で地元の防災、防犯活動に努めています。
地域でのふれあいを大事にして、団員皆で頑張っています。
平成21年2月に統合部庫が完成し、新体制での活動を開始しました。
今まで以上に団員同志の団結力を強めたいと思っています。



苗木分団 第2部の紹介 (2009年4月13日 10:47)

部長3名、班長7名、団員26名の計36名
(上並松班、下並松班、八幡班、三郷・津戸班、井汲・日比野班で構成)

詰所:苗木西部コミュニティ消防センター

車両:ポンプ車1台、輸送車1台

紹介、特徴
地域での自主防災活動に力を入れています。地域での防災訓練
参加、自主防災会への器具取扱説明、実演指導等も行っています。
福岡地区と隣接しており、相互に協力し消防活動を展開したいと考えています。



苗木分団 第3部の紹介 (2009年4月13日 10:33)

部長3名、班長6名、団員23名の計32名
(山の田・上地班、瀬戸班で構成)

詰所:山の田・上地詰所、瀬戸詰所

車両:輸送車2台

紹介、特徴
地域での左義長警備、企業の防災訓練、特別養護老人ホーム「瀬戸の里」での防災訓練、夏祭りの警備等にも参加しています。
班が分かれているが、2か月に1回合同常会を開催し、連携を図っています。
山間地域もあり、落合地区と隣接しており、有事の際には協力し、消防活動を展開しています。また、OBの方の協力も有ります。