操法訓練開始

神坂分団では3月の下旬から操法訓練を開始しました。
例年、分団大会では空操法のみでしたが、今年度は放水をする事になり早いスタートとなりました。

今回の大震災では自然の圧倒的な強さを目の当たりにしました。
大自然の猛威の中では人類は何も出来ないのだなと実感しているところです。
かと言って消防団員として何もしない訳にはいきません。
自分たちの出来る範囲の中で精一杯準備をしよう!という思いで訓練に励んでいます。





2011年4月 9日 12:24