活動報告 2020 7月豪雨

7月6・7・8日 降り続く豪雨に住民の避難勧告が発令され、住民の避難所への誘導や民家付近の用水等から水が溢れ、土嚢による処置を行いました。特に加子母下側での被害が多く、土嚢での処置5カ所 使用土嚢400袋 住民の避難48名と夜遅くまで活動し、 8日は使い果たした土嚢を次の災害に備え 土嚢300袋ほど作りました

 

20200715082119.JPG20200715082545.JPG





2020年7月15日 07:57