火災実験が行われました

先日11月25日に加子母と下呂市の境にある威徳寺跡の近くで木造3階建て学校校舎の火災実験が行われ、実験による火の粉が山林に燃え移った場合に備えて加子母分団と下呂市消防団の下呂方面隊が周辺に待機しました。

 朝6時30分気温マイナス2度の寒空の下各班小郷区の大杉会館前に集合し事前の打ち合わせ通り各班持ち場に付き山林火災に備えて待機しました。

 校舎には8時に点火され9時過ぎには山の向こうから黒い煙が上がり始めましたが10時には外に延焼が広がることなく消火が始まり実験終了しました。

 




2012年11月28日 09:04