2018年6月

平成30年6月24日(日曜) 中津川防災士会の主催で蛭川防災士の会 消防団員4名 機能別消防団員1名 保護者会の方々で蛭川小学校の本棚やロッカー 大型テレビ 壁掛け時計等の落下転倒防止のための固定作業を一日かけて実施いたしました。 

当日15名以上で作業しましたが、まだまだ不完全な箇所ものこっており、ボランティアとしての作業だけでは十分ではないことも痛感いたしました。

他の団体や地域住民との交流事業は、とても良い情報交換の場所となりました。また現在の問題点もお互いに話し合えたことが、収穫でした。本日のことを生かして消防団活動に励みたいと思います。

また昨年退団された志津竜良元副団長も防災士として参加されていました。本年は中津川市 全域の小学校の転倒防止作業を実施されるそうです。小学生の子供を持つ親として非常にありがたい活動でした。今後もお願いいたします

 

 



 蛭川分団は新しい体制となってから、三ヶ月の時間が過ぎ、やっと各担当の役割が身についてきた期間での中津川操法大会でした。

選手達も指導・補助側も最初は慣れない立場で戸惑う場面も多々ありましたが、毎夜の練習訓練を通じてたくさんの団員がそこに熱心に取り組み、地区操法大会と中津川操法協会大会を通じて、蛭川分団としての結束が強く感じられました。

今後は優勝した坂下分団の応援もしながら、消防団として防災活動としての団員の教育指導・訓練にむけて一生懸命、活動いきます。 

消防の訓練・活動中にさいしましては市民の皆様の応援をお願いいたします。また消防団員を男女問わず常時募集しております。興味のある方はコメント欄に連絡ください