2009年5月

蛭川分団では5月24日午前9時より蛭川運動広場にて操法大会を開催しました。

当日の朝一時的に雨が降り、大会運営が心配されましたが、大会前には雨も上がり、消防ポンプ自動車3チーム及び小型ポンプ2チームが日頃の訓練の成果を披露し、3部Bチームが優勝しました。

 



分団長挨拶 (2009年5月22日 05:48)
蛭川分団のある蛭川地域は、笠置山などの山々、白い花の咲くひとつばたごや花崗岩といった自然に囲まれた地域です。
 また、毎年4月の16日に近い日曜日には赤・青・黄色の色鮮やかな杵振り踊りが開催され、多くの観客が訪れます。
 蛭川分団では地域活動への参加、消防署及び地域住民と連携した活動、団員の資質向上を目的とした訓練・講習会など開催し、地域の安全・安心の向上に努めています。


平成21年4月1日現在 <画像クリックでPDFファイルをダウンロードできます>



消防団員を募集しています (2009年5月18日 12:32)

消防団では、随時消防団員を募集しています

 

あなただからできる、あなたしかできない、やりがいのある消防団活動
地域の防災のために"あなたのチカラ"を発揮してみませんか?

 

 年齢18歳以上で、中津川市に居住または、勤務している方であれば、入団できます。 消防団員の年齢層は幅広く、自営業者、サラリーマン、学生、主婦など様々な人の集まった仲間です。 消防団の活動を通じ、お互いの絆は大変強いものがあります。

 消防団の活動は、特別なことはありません。「自分たちのまちは自分たちで守る」という、その意識だけで参加できます。
 充実した生活を送りたい方、これから何か始めたいと考えている方、地域に貢献したい方、入団をお待ちしています。

 

消防団の任務

<平常時>
●火災から住民を守るための火災予防や広報活動
●地域の防災行動力を高めるための初期消火や応急救護などの住民への指導
●地域の行事での警戒

<災害時>
●消防署隊と連携した消火活動
●住民の救助、救護活動や避難誘導
●情報収集、現場での広報及び警戒活動

 

入団資格

・18歳以上の健康な方
・中津川市内に居住、または勤務している方

 

入団後の待遇

①報酬などの支給
 年間、一定の金額が報酬として支給されるとともに、災害や訓練に出場した場合には、手当が支給されます。
 また、5年以上消防団に勤務し、退団した場合には退職報奨金が支給されます。

②公務災害補償
 消防団活動中に負傷した場合は、補償制度があります。

③被服の支給
 消防団活動に必要な制服が支給されます。

 

入団申し込み・お問い合わせはコチラから



蛭川消防年表(H6.4~)

   H 6.10.21    蛭川保育所幼年消防クラブ結成式
   H 6.10.27    消防ポンプ自動車購入 第3分団2部配属
   H 6.11.13    蛭川村消防組織発足80周年記念式典
   H 6.11.13    蛭川村消防まとい会より消防団へ団旗寄贈
   H 9. 6.27    蛭川村と蛭川郵便局が災害支援協力に関する協定締結
   H13.12.10    消防ポンプ自動車購入 第2分団1部配属
   H13.12.10    小型動力ポンプ付積載車購入  第3分団1部配属
   H14. 3.29    第2分団1部(奈良井)消防車庫竣工
   H15. 9.11    蛭川村建設組合と災害時応援協力に関する協定締結
   H16. 1. 7    消防団用無線機配備(8基)
   H16. 5.23    蛭川村消防組織発足90周年記念第48回蛭川村
                  消防操法大会
   H16. 5.23    蛭川村消防まとい会より消防団へまとい寄贈
   H16.11.29    小型動力ポンプ購入 団本部配属
   H17. 2.13    市町村合併により中津川市蛭川消防団として再編
   H17. 2.28    中津川市消防協会発足式
   H17. 3.31    恵那市と蛭川村の恵那消防協会を解散
   H18.12.21    小型動力ポンプ積載車・小型動力ポンプ
                  第1分団2部配属
   H20. 3.16    蛭川消防団団旗納め式
   H20. 4. 1    中津川市消防団蛭川分団に再編)



表彰歴 (2009年5月 9日 22:23)

蛭川村消防団の表彰歴 一覧

  昭和39年2月11日 日本消防協会(竿頭綬)

  昭和42年3月3日  消防庁長官(竿頭綬)

  昭和44年2月20日 日本消防協会(表彰旗)

  昭和50年3月4日  消防庁長官(表彰旗)

  平成4年2月13日  日本消防協会(竿頭綬)