2013年9月

平成25年度 消防器具庫(詰所・部庫)の点検が9月8日(日)行われ、支障のある部分の修繕申込みなどの報告が提出されました。

今回は7班に編成されそれぞれに団本部員と消防職員が配置され巡回点検を行いました。

 

130908_085904.jpg 建物の老朽化が進む中、各団員が補修を行いながら大切に管理されている様子がうかがえました。

更新が完了した器具庫には最新の設備等が配置されていますが、更新前の古い器具庫や部庫も多数あり、更新が急がれる状況です。

器具庫の統廃合も進め、管理体制をしっかりと整え無駄を省いていきたいものです。

器具庫も有事の際には避難所や待機所になる大切な装備の一つです。シャッターや照明設備、給排水など、各団員が点検や整備が出来るものは各自の心がけで引き続き管理をお願いします。

130908_085920.jpg  こちらの器具庫は中津分団第二部と分団本部兼用の防災コミュニティセンターです。

車両が3台(可搬ポンプ積載車・ポンプ車・機材車)が配備され、1階に第二部詰所があります。

2階は中津分団本部があり、会議が出来るスペースと有事の際に避難所として使用できる畳のスペースがあります。

旧中津川市にはこのような器具庫が多くあり、更新される器具庫は同型になりつつあります。

器具庫は我々消防団にとって大切な「基地」です。これからも器具愛護の精神で大切に管理をお願いします。

清掃も忘れずに!

 



平成25年度の防災訓練は「岐阜県総合防災訓練中津川市会場」として開催され、各団体が訓練を実施しました。

我々消防団は「地震発生後の避難誘導」として広報車での巡回、消防本部との連携での消火訓練を行いました。

会場は中津川インターチェンジ近くのスポーツ広場「サンライフ中津川」です。

IMGP0213.jpg

IMGP0211.jpg

消防団本部を設置し、市内各地で行われている防災訓練の報告を取りまとめます。

 

本日の想定は午前9時に大規模地震が発生し、家屋の倒壊や、要救助者の救出訓練など、自衛隊、県警、消防はもとより、電力会社、JAF、プロパンガス組合、建設組合、救援物資協定企業など、それぞれの訓練を行いました。

IMGP0203.jpg

IMGP0214.jpg

IMGP0221.jpg IMGP0229.jpg IMGP0216.jpg IMGP0217.jpg IMGP0233.jpg IMGP0238.jpg IMGP0245.jpg IMGP0236.jpg IMGP0257.jpg IMGP0256.jpg IMGP0271.jpg IMGP0286.jpg IMGP0291.jpg IMGP0299.jpg

IMGP0303.jpg

有事の際に備えての訓練です。終始真剣に取組む姿が見受けられました。

参加された皆様、大変お疲れ様でした。