2011年3月

平成23年3月29日(火)15:00~消防本部3階にて、平成22年度「消防団等地域活動表彰のうち、事業所表彰」及び「消防庁消防団協力事業所表示証交付式」の伝達式が行われました。

 

 

IMG_2788.jpg    伝達式の様子

 

 

<消防団等地域活動表彰のうち、事業所表彰>

地域に密着し模範となる活動を行っている消防団や、消防団活動へ深い理解や協力を示し、地域防災力の向上に寄与している事業所が表彰の対象。

 

  • ㈱中島工務店様(加子母) ※全国21事業所が受彰

 

 

<総務省消防庁消防団協力事業所表示証(ゴールドマーク)

消防団員確保への協力や、従業員の消防団活動への参加に対する配慮を行っている事業所等に対して、消防団への協力の証として交付するゴールドマーク。

  • ㈱中島工務店様
  • 志津建設㈱様
  • ハラ建設㈱様
  • 大宗土建㈱   ※全国274事業所が該当し、岐阜県は4社

IMG_2804.jpg 

 

◆中津川市消防団協力事業所

  • 吉川工務店㈱<中津>
  • 志津建設㈱<福岡>
  • ㈱青山製作所恵那工場<蛭川>
  • ㈱上野産業<坂下>
  • ハラ建設㈱<坂下>
  • 大宗土建㈱<南木曽>
  • アオヤマ中津川<蛭川>
  • ㈱加地工務店<付知>
  • ㈱中島工務店<加子母>
  • 名古屋建工㈱岐阜工場<坂下>
  • ㈱佐々木工務店<阿木>
  • ㈱トライテック<坂本>
  • 東美濃農業協同組合<坂本>

 以上13事業所(平成23年3月現在)

 

 



観測史上最大の大地震発生 (2011年3月12日 15:49)

中津川市の発表によると、東北地震による市内での被害はありませんでした。


中津川市は現地での被害を受け、本日(12日)9時に市長を本部長とする「中津川市東北地震救援対策本部」を立ち上げました。

すでに医師、看護師、薬剤師など5名を派遣し、仙台市で医療活動を行っています。

消防職員、水道職員も応援要請に対応できるよう待機しています。

市と応援協定を締結している建設業組合なども体制を整えています。また、先遣隊として防災市民会議、市職員など5名を本日、午後4時に派遣し情報収集を行います。

■市長から市民の皆さんへのメッセージ

「東北地方では未曾有の災害が発生しております。市を上げて救援を行いたいと思いますので、市民の皆さんのご協力をお願いします」

 

中津川市は東海地震で特に被害が予想される「地震防災対策強化地域」に指定されています。

 

被災地消防団の皆様、ご自分のご家族の事も心配だと思いますが、被災された皆様のために最善の対応をよろしくお願いいたします。

今回の地震で被災された方々が早期に回復されるとともに、被災地が早急に復旧することを心よりお祈り申し上げます。

中津川市消防団 一同



3月7日は「消防記念日」です。

1950(昭和25年)年2月9日に国家消防庁(現総務省消防庁)により、毎年3月7日と定められた。

これは「消防組織法」が施行された1948(昭和23年)年3月7日にちなんだものである。

 

■消防組織法とは?

日本の消防の任務範囲、消防責任を市町村が負うこと、消防機関の構成、などについて規定する日本の法律です。

明治憲法下では警察の管轄とされていた消防業務が、この日から市町村長が管轄する「自治体消防制度」となりました。

消防組織法によれば、各自治体は「消防本部」「消防署」「消防団」の少なくとも一つを設置しないといけないことになっています。

 

各地ではこの日に表彰式などの式典を行っている自治体もございます。



平成23年3月2日(水)午後7時より、団本部団員対象の「救命救急講習会」が消防本部において開催されました。

 

15名程の団本部団員が集まり、消防本部救急隊の皆様、板津副団長を講師に3時間の講習を行いました。

 

  • 気道の確保
  • 人口呼吸
  • 心肺蘇生
  • AED使用方法など

万一の事態に冷静に対応できるよう基本の確認と、改正点などの説明をしていただきました。

定期的な講習会を実施し、団員に身体で覚えていただく事で万一の時の対応もでき、人命救助に役立てるようになると思われます。

消防団員は消火活動ばかりではなく、行方不明者の捜索、風水害時の警備や対応、夜警、人命救助などすべての「安心・安全」に関わる分野で、技能向上と講習によるノウハウの取得を行っています。

 



平成23年3月2日、中津川市消防本部駐車場にて「平成22年度消防車両引渡し式」行われ、大山中津川市長から丸山団長へ「消防車両配置書」が交付されました。

 

P1020690.jpg交付された車両及び小型ポンプ下記の通りです。

消防ポンプ自動車 1台(日野デュトロ・4WD)CD-1型

小型動力ポンプ積載車 2台(トヨタダイナ・Wキャブ・4WD・AT車)

小型動力ポンプ 2台(トーハツVC72 PROⅡ)

です。

 

その後、丸山団長から配置される各分団へ「受渡書」が交付されました。

P1020693.jpg

今回、配置される分団は、下記の通りです。

消防車両・・・ 山口分団第三部

積載車・・・ 加子母分団第一部

積載車・・・ 福岡分団第四部

小型ポンプ・・・ 神坂分団第一部

小型ポンプ・・・ 蛭川分団第一部

です。器具愛護をお願いいたします。

 

P1020706.jpg

消防車両が配置された山口分団第三部の皆さん。 

 

P1020709.jpg 積載車両が配置された加子母分団第一部の皆さん。

 

P1020708.jpg 積載車両が配置された福岡分団第四部の皆さん。

 

P1020710.jpg

小型動力ポンプが配置された神坂分団第一部の皆さん。

 

P1020711.jpg

小型動力ポンプが配置された蛭川分団第一部の皆さん。

 

山口分団においては24年使われたポンプ車両の更新。

加子母分団においては22年使われた積載車両の更新。

福岡分団においては23年使われた積載車両の更新でした。

これからも大切にお使い下さい。